寝不足で顔がひりひりする場合

寝不足になると、顔がヒリヒリとした刺激を感じる…これは、体力が低下し免疫力が落ちることでお肌のバリア機能が落ちていることが原因だと考えられます。

もし、すでお肌がヒリヒリするような場合は、「お肌を休ませる」ことが大事です。この時はアンチエイジング効果が高い化粧品のような、積極的なスキンケアを取り入れるのではなく、
極力刺激をあたえない低刺激の基礎化粧品を使うことをおすすめします。

そして、外部からの刺激も受けやすい状態になっていますので、紫外線ケアだけはしっかりと行いましょう。油断をすると、お肌が火傷状態になり、赤みや炎症を引き起こします。

また、それらが原因となり、シミ・そばかすへと発展する可能性もあるので、十分注意してくださいね。

慢性的に肌がヒリヒリしやすい場合は、お肌を「育てる」ことを意識する

日常的に寝不足が続きやすく、その度に肌にひりつきを感じている場合は、一般的な科学化粧品よりも、植物成分がたっぷりと含まれたオーガニックコスメを取り入れることもおすすめです。

お肌がヒリヒリしやすい場合はオーガニック化粧品がおすすめ

科学化粧品は「症状を抑える」ことや、「お肌が良い状態をキープ」することには、非常に長けています。けれども、お肌が荒れやすい方が使うと、お肌の力をより弱めてしまう可能性も否定できません。

私達が持つ本来の力を引き出してくれるのが「オーガニック化粧品」です。

お肌の対処療法と言えるのが「科学化粧品」である一方で、即効性こそないものの、将来的に科学化粧品以上の大きな力をもたらす期待ができるのが「オーガニック化粧品」です。

お肌の症状を一時的に良くするのではなく、どんなに忙しく寝不足であったとしても簡単にはゆらがないお肌を育てることを目的としていますので、健康的なお肌を目指すことができます。

また、植物のちからには心のバランスも整えてくれる作用があると言われていますので、睡眠不足による免疫低下をサポートすることはもちろん、忙しい毎日の中で蓄積されたストレスもほぐしてくれることでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ